So-net無料ブログ作成
マラソン:レポート ブログトップ
前の10件 | -

青梅マラソン・レポート 2 [マラソン:レポート]

折り返し直後にペースアップのスイッチを入れたものの、どこまで脚がもつのかが不安要素。過去、青梅マラソンでは残り数kmの地点で痙攣などが原因で失速することが多く、ペースアップにためらいがあるのも事実。今回は、2年ほど前から実践しているネガティブスプリットで走っているので大丈夫!!という期待もあった。

設定ペースはキロ5分30秒だが、前半抑えていたことと、しばらくは下り坂が続くので時計を気にすることなく自然体でペース上げてみた。

2回目の公式給水は17kmあたり。ヴァームウォーターをもらう。青梅マラソンの公式給水は4カ所あるが、そのうち3カ所は復路にある。往路で1カ所とは淋しい限りだが、公式に劣らない私設エイド/ボランティアエイドがあるので、困ることはない。かなり以前の話だが、公式給水だけ使おうとして、どれが公式だかよくわからなかったという思いでもある(汗)

沢井駅前で給水給食。ここではゆずまんじゅうをゲット。公式給水としては3カ所目。おそよ19.4km地点。

20km地点通過、1時間53分26秒、5kmラップは26分51秒、ペースは 5'22"/km

つづきはこちら


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

青梅マラソン・レポート 1 [マラソン:レポート]

11:30に号砲。

スタートラインを超えるまではウォーキング。右足の靴ひもが緩いと感じて急きょ結び直す。タイムロスにはなるがネットタイムには影響がない。ただし、数ブロックのランナーに抜かれたようで、周りは7000番台のナンバーカードが多い。レース中の渋滞にはまらなければよいが。スタートラインでは大会ゲスト・スペシャルスターターの三宅宏実選手が見送り。写真を撮っているランナーが多く、その腕が頭にぶつかる。歩きスマホはやめてほしい…

IMG_2840.PNG

青梅マラソンはほぼJR青梅線をなぞるようなコース。隣の東青梅駅前を過ぎるくらいまでは混雑が続くのでマイペースという訳にはいかない。案の定、最初の2kmまではキロ6分10秒ペース。青梅駅前を通過。2車線道路の左側を走るのが原則と思うが、スタートからしばらくは全幅使っている状態。混雑とは言え、少しずつペースを上げることができる。

直前に決めた目標タイムは2時間50分を切ること。過去の記録を確認してみると昨年は3時間04分16秒、2年前の2016年は2時間46分54秒でいずれもネットタイム。自分でも「ん!?」と思ったが、昨年はインフルエンザ直後の病み上がり状態。春のウルトラシーズンに向けてトレーニングとして走ったようなもの。2年前の記録を考えると2時間45分を目標にすべきかとも考えたが、無理は禁物。レース中のペースは走りながら考えることにした。

5km地点通過、30分01秒、ペースは 6'00"/km

つづきはこちら


nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

青梅マラソンの貴重な写真 [マラソン:レポート]

このブログ、あるいは青梅マラソンのグルメフェスティバルが縁でこのような写真をいただきました~[るんるん]

IMG_2839.PNG

IMG_2840.PNG

つづきはこちら


nice!(3)  コメント(2) 
共通テーマ:スポーツ

青梅マラソンのメダルとTシャツ [マラソン:レポート]

青梅マラソンでは前回大会から完走メダルがもらえます。

DSC_2284.JPG

昨年は袋に入った状態で手渡されましたが、今年はフィニッシュ直後に首からかけてもらえました~。ありがとうございます[るんるん]

DSC_2280.JPG

そのあとランナーサービスコーナーでいただいたのがこちら。いつもより一品多いですね。あきたこまちのおにぎりとドリンクに加え、エナジーゼリーをもらうことができました。右下の絵葉書は写真撮影サービスの宣伝用です。これだけもらうと両手がふさがってしまいます(^^;

つづきはこちら


nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

青梅マラソンのタイム分析 [マラソン:レポート]

3/18(日)開催の板橋Cityマラソンに向けて、青梅マラソン30kmでどんなレースをできるか。トレーニングとしての30km走だけではなく、ペースとペース配分の試金石と考えていました。って、漠然とですが(^^;

青梅マラソンでは5kmごとに計測ポイントがあるので、振り返るのには良い大会だと思います。

まず、ネガティブスプリットができているかということで半分に分けるとこうなりました。

地点 ネットタイム ラップ ペース
15km 1:26:35 1:26:35 0:05:46
30km 2:46:50 1:20:15 0:05:21
前半は上りで混雑気味、後半は下り基調ということもありますが、数値だけ見るとOKですね[るんるん]

最後まで脚がもってくれました。

次に10kmごとに見るとこんな状況です。

地点 ネットタイム ラップ ペース
10km 0:58:00 0:58:00 0:05:48
20km 1:53:26 0:55:26 0:05:33
30km 2:46:50 0:53:24 0:05:20
こちらも結果論ですが、良い感じです。10km地点の58分00秒は覚えています。

つづきはこちら


nice!(5)  コメント(2) 
共通テーマ:スポーツ

第52回青梅マラソン結果速報 [マラソン:レポート]

本日の結果速報はこちらです

第52回青梅マラソン結果速報_blog.png

つづきはこちら


nice!(8)  コメント(6) 
共通テーマ:スポーツ

館山若潮マラソンの計測データ [マラソン:レポート]

GPSウォッチの計測データです。

[タイム] 4:09'39"
[走行距離] 42.35 km
[平均ペース] 5'53" /km
[運動消費カロリー] 3,010 kcal
[ピッチ] 177 spm
[ストライド] 95 cm
[心拍数] 147 bpm

epsonview20180128-3.PNG


(リンク先はEpson View の画面です)

epsonview20180128-1.PNG

こちらのグラフはペースと標高を重ねたものです。

それぞれ縦軸の設定ができると見やすいと思いますが、残念ながら自動というか固定表示ですね。

これを見ると2回ほど減速したのがよくわかります。1回目は立ち止まってストレッチをしたタイミングで、オートポーズも働いてしまいました。逆算すると16秒のロスタイム。2回目はエイドステーションで温かい麦茶をもらったときかな。

つづきはこちら


nice!(7)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

館山若潮マラソン・レースレポート後篇 [マラソン:レポート]

海岸線から山間部にコースを取ってからは自然体でペースアップ。と言ってもキロ6分を少し切る程度。これでは目標に届かない。

ここで一度、カラダをリセット。脚部、体側を軽くストレッチ。ほんの数秒間だったが、GPSウォッチのオートポーズが働く。まずい、タイム計測がわからなくなる。

やっと菜の花に気づいた。その直後の交差点で鋭角に左折。折り返すような感覚で海沿いの道から山あいのコースに入っていく。交差点の手前で同い年のHさんと並んだ。あまりの寒さに脚が動いていないようだ。4時間15分のペースメーカーを見なかったか、と聞かれたが、それまで目にすることはなかった。しばらく併走。1kmくらいで先行させてもらった。すでに上りが始まっているが、急坂ではないのでペースを落とすことなく進んでいる。

25km地点通過、ネットタイムで2時間30分12秒、5kmラップは29分46秒、キロ5分57秒ペース

GPSウォッチの誤差は相変わらず。つまり200メートル前後の誤差のまま。この状態だと1kmごとのラップタイムは信じてもいい。オートラップはトレーニング用の1km間隔に設定したまま。あまり細かくペースを気にするのは良くないと思う。気にするあまりペースが不安定になるかもしれない。一方、館山では細かいアップダウンが多いので下りや上りでどれだけペースの振幅があるかを確認するのは良いかもしれない。怪我の功名とまでは言わないまでも、後半はこのオートラップ機能に助けられた面もあるのは事実だ。

このあたりから歩いている参加者が目に付くようになった。何かトラブルがあったのか、前半飛ばし過ぎてバテテきたのか、上り坂はあることにしているのか、余りの寒さに耐えられなくなったのか、理由は様々だろう。自分にも身に覚えがあるのでそれをどうのこうの言うつもりはないが、今回のレースではそれまで私より前を走っていたのは間違いのない事実。誰かに抜かれようと思っているわけでもあるまい。マラソンはやはり難しいということを考えつつ次の坂に臨む。

30km地点通過、ネットタイムで2時間59分51秒、5kmラップは29分39秒、キロ5分56秒ペース

つづきはこちら


nice!(9)  コメント(2) 
共通テーマ:スポーツ

館山若潮マラソン・レースレポート前篇 [マラソン:レポート]

会場に着いた時点で予想に反して日差しがあり体感も暖かい。寒さ対策をしなくても良いのではと思ったほどだ。

スタート前に汁粉をもらった。並んでいるときに日陰に入ると急に寒く感じた。おそらくこれだ。予報では午後からくもり、最高気温は8℃。レース中に日が陰ればかなり寒くなるはずだ。

DSC_2235.JPG

10時スタート。NHK「ランxスマ」のシャツを着たランナーを見かけた。誰だ?

スタートラインを3分42秒で通過。ほどなく家族とハイタッチ。フルマラソンの大会でスタート時に応援をもらったのは初めてだろうか。とても嬉しい。

最初の2kmはペースをあまり考えずに走ろうと思った。スタート時の混雑で自分のペースで走れないと考えたから。ところが最初の1kmでGPSウォッチが示したタイムが6分11秒、次の1kmが5分55秒だ。ここでミステイクに気づく。レースではGPSウォッチのオートラップ、オートポーズを切ることにしているのだが、設定を変えることなくスタートしてしまったのだ。

今回の目標タイムは4時間10分を切ること。もともとはつくばマラソンで達成したかったが、約4分ほど届かなかったので館山で再挑戦。一方、年明け早々の発熱で若干走り込み不足だったので目標を下方修正しようかと悩んでいたが、友人のアドバイスもあり、やはり4時間10分切りに挑むことにした。ネガティブスプリットで考えると単純計算で前半はキロ6分、後半はキロ5分50秒。アップダウンのあるコースなので柔軟に対応しようとも思った。

海岸線を走り、数百メートルの折り返しコースに入る。房総フラワーラインに入ったあたりで5km地点通過、ネットタイムで30分29秒、キロ6分06秒ペース

つづきはこちら


nice!(8)  コメント(2) 
共通テーマ:スポーツ

館山若潮マラソンで目標達成 [マラソン:レポート]

つくばマラソンで4時間10分を切ることができなかったので、館山若潮マラソンでの目標は4時間10分を切ることでした。年明け早々の風邪の影響でその気持ちが萎えていたのですが、昨日、友人との会話の中でやはり4時間10分切りを目標と決めて走りました[手(チョキ)]

結果としてはご覧の通りギリギリで目標達成です。ほっと一安心[わーい(嬉しい顔)]

測定ポイント スプリット ラップ ネットタイム ハーフ
Start 0:03:42   0:00:00  
10km 1:04:12 1:00:30 1:00:30 2:07:33
20km 2:04:08 0:59:56 2:00:26
中間点 2:11:15   2:07:33
30km 3:03:33 0:59:25 2:59:51 2:02:22
40km 4:01:29 0:57:56 3:57:47
Finish 4:13:37 0:12:08 4:09:55

つづきはこちら


nice!(6)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ
前の10件 | - マラソン:レポート ブログトップ