So-net無料ブログ作成
検索選択

2017サロマ・完走レポート(4) [マラソン:レポート]

54.5km地点のレストステーションでシェルジャケットをピックアップした。第2回柴又"60K"でもらった白の半透明タイプだ。スタート時点からモンベルの赤いシェルジャケットをベルトに忍ばせていたので、それを使っても良かったのだが、レース後半、昨年以上に冷えることを想定して、2枚態勢で備えることにした。通称ゴミ袋の簡易ポンチョの上に柴又シェルジャケットを着用。本来なら逆にしたかったが、その手間暇を惜しんだ。

60km関門直後の給水給食で補給。WGH proも摂る。ここは関門と給水ポイントが同居しているので分かりやすい。計画より5分以上遅れている。長居はしない。

思い出のポイントを通過して軽い上り坂。上り切ったところで左折、国道をあとにしてキムアネップに向かう。いわゆる「魔女の森」に続く道だ。暑い年でも涼しさを感じる魔女の森、今年は激寒か?

この区間は交通規制をしているようで、一般車が通ることはなく走りやすい。昨年か一昨年は応援車両が紛れ込んでいて危なかった。63km手前の公衆トイレに駆け込んだ。束の間の雨宿り。さして混んでもなく個室は空いていた。待ち時間ゼロ。今度こそはと頑張った(^^; 不発とまでは言わないが思った通りには行かなかった。どこまで詳しく書いてよいのか迷うところだが、ある程度のタイミングで外に出た。ロスタイムは5分強か。

案の定、カラダが固くなっていた。ストレッチをしつつ再び走り始めたところで、同じくトイレから出てきたランナーが「これだとワッカでは大変なことになりそうですね」とひとこと言って去って行った。余計なことを…、と思いつつ再び嫌な予感がよぎった。

DSC_1723.JPG

つづきはこちら


nice!(8)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ