So-net無料ブログ作成

2017サロマ・完走レポート(3) [マラソン:レポート]

国道と言っても歩道のない部分がほとんど。普段はおそらく人も自転車も通らないのではないか。路肩部分は傾斜になっていたり損耗していたりしてお世辞にも走りやすくはない。舗装が剥がれていて足を取られそうな箇所もあるし、今回は水たまりも良くできていた。マラソン大会のために道路を整備して…、とは言わないが、危険性のある箇所だけでも補修してもらえるとありがたい。

先ほどの芭露(ばろう)では街の間だけ歩道があり、歩道が終わるとともに沿道の応援もなくなる。

40km通過が4時間45分となり、当初プランより5分の遅れ。キロ7分で10kmを1時間10分で走る、そのペースを60kmまで維持するのが基本。トイレでのロスタイムを考慮すると順当なペースだが、遅れを取り戻すには至っていない。この時点で取りうる手段はレストステーションでの滞在時間の短縮。10分の予定を半減したい。

月見ヶ浜の入り口付近に41km関門、わずかな区間の歩道を経由して左折、いっとき国道を離れてサロマ湖の脇を走る。関門では収容バスが2台ほど待っていた。関門制限時間はスタートから5時間20分、時刻にして10時20分。

雨のため雄大なサロマ湖の景色を楽しむ気すら起きない。

42.195kmの通過は5時間00分27秒

DSC_1769.JPG

うーん、5時間を切れなかった。5時間切りの通過目標を立てていたわけではなかったが、ちょっと残念。前半のタイムロスがそのまま影響した感じ。42.195km地点にある大会モニュメントにはやはり人だかり。ここでライブ中継すると面白い、などとも考えたが、そんな余裕はなし。

ここでS氏から小休止宣言。再度一人旅。直後のかぶり水給水は当然のごとく閑散としているが、私がWGH proを補給しながら小休止。振り向いたらS氏が来ていた。良かった。同じタイミングで小休止できればとも思ったが、走るペースやリズム、休みたい(歩きたい)タイミングが微妙に異なるので、なかなか難しい。

S氏と並走しながら、しばらくペースの会話。キロ7分で走るのは50kmまで?60kmまで?、そのあとのペースはキロ8分で間に合うのか?、レストステーションは何分滞在するのか?、などなど。途中、「キロ7キロ」という発言もあったりと、かなりお疲れの様子。左折して国道(R238)・オホーツクラインに戻る。

橋の欄干の土台、と言えば想像がつくだろうか。そこに腰かけて足のケア、もしくはシューズの異物を取り除いているランナーがいた。歩道のないため段差がなく、腰かける場所が無いので賢い方法かもしれない。後続のランナーと接触する可能性もあるので、どちらも要注意だ。

45km通過、5時間21分13秒、5kmラップは35分52秒

「45...自分の名前だ」という冗談はさておき、受け狙いで写真でも撮ろうと思ったが、そんな余裕も気力もなく、普通に通過。キロ7分10秒とペースも遅れがち。遅れを取り戻すどころか拡大している。嫌な予感が頭をかすめる。大雨の影響は大きいか。

計呂地(けろち)の街に入った。ここも沿道の応援が多いポイントだ。暑い年だと路上で炭酸のミニ缶を売っていた時もある。計呂地交通公園で給水給食。46.5kmくらいか。少しだけ奥まったところにテントを設けており、遠くから気配を感じることが無いため、忽然と現れる感じがする。補給自体は問題なくできたが、WGH proを摂り忘れたり、途中で出たゴミを捨て忘れたりと、ここではいつも慌ててしまう。

いつの間にかサロマ湖畔から離れ内陸を走っている。たんたんと国道を走っていると若狭方面への分岐路が見える。ここを右折すれば北見に行ける。前日受付を利用していた頃は、レンタカーでこの道を通ったが、この3年間は利用していない。気温が高い場合、自分としては一番きついポイント。暑さでリタイアした時は、この辺りでかなりヘロヘロになっていた。内陸のため湖畔からの風も期待できず遮るものもない、時間帯としても気温が上がってくるからだ。雨は雨で辛いが、暑いよりはましか。道路標識に常呂(ところ)まで31kmと出ているのが恨めしい!?

関門手前に無人のかぶり水給水。誰も利用しない。気温が高いとタンクが空になってしまい水の補充が遅れがちになるポイント。ここの運用を改善してもらえると暑い年はとても助かる。

50km通過、5時間56分54秒、5kmラップは35分41秒

坂の途中にある関門をノンストップで通過。計画より7分遅れ。ペースはキロ7分8秒か…。気付いたらS氏がいない。歩いているランナーは多かったが、関門直後に休むランナーはいなかった。ここを上ればすぐ下りになるのでペースを落とさずに進む。どうにかこうにかレストステーションまでは踏ん張ろうと考えていた。

佐呂間(さろま)町に入る。確か51km地点辺りか。50km以降は再び1km単位の距離表示に戻る。ペース確認には良いのだが、気にしすぎるのも良くない。下りでは着地衝撃が大きくならないように走る。走るというより競歩の真似事と言った方が良いかもしれない。下り終えた辺りで52kmの給水、再びサロマ湖。それも束の間、53kmくらいから内陸に向かって上り始める。高低差40mほどの坂だが、サロマのコースでは一番きついところかもしれない。小刻みにアップダウンが続いてレストステーションを目指す。

54km地点の標識は地面に横たわっていた。倒れたのか、そもそも立てていないのか。レストステーション直前、道路脇でタバコを吸うスタッフ。勘弁してほしい。

レストステーション到着は6時間29分13秒、計画より8分遅れ

荷物を受け取り、グローブとキャップを取り替えた。次にエナジージェルとWGH proの補充。着替えやシューズの取り換えはしなかった。どうせずぶ濡れだし、そのままメリノウールのソックスでも悪くないと判断した。荷物を預けてから補給。おにぎりを食べ、アミノバイタルゼリーはベルトのボトル部分に押し込んだ。

荷物を受け取り先に補給すればよかったと悔やむ。昨年はそうしたのに…。時間の無いときに限って余計なことをしてしまうのか。

レストステーション出発は6時間36分24秒

5分で切り上げようと思っていたが、結局滞在時間が07分10秒となり、計画に対して5分遅れ。3分しか短縮できなかった。坂の途中、右手に道の駅「サロマ湖」

55km通過、6時間40分42秒、5kmラップは計算上36分38秒

落ちてる…

忘れゴトに気づいた。不要なモノをドロップバッグに入れ忘れたのだ。ひとつは腰にぶら下げていたいつもの日本手ぬぐい。朝からの雨でずぶ濡れ、手を拭いたのは数回。なくても良かった。結局最後まで付けて走った。もうひとつは心拍ベルト。負荷を判断するためにサロマでは初めて付けたが、あまり役に立たなかった。と言うより心拍を確認する余裕もなかった。前半は未計測もあり電池切れかと思ったが、後半は問題なかった。

坂を上り切れば60kmまでは下りなので少しでも詰めたいところ。3~4kmの下り。下りが終わるころにサロマ湖が見え、コースが平坦になると遠目に60km関門が見える。計画よりも遅れがちだが、脚は動いている。思い出の多い地点なので、少し涙目になる。と思ったところで、S氏を発見。予想通りレストステーションで抜かれていた。昨年もここで追いついた記憶がある。

60km通過、7時間15分40秒、5kmラップは34分57秒

nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 4

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0