So-net無料ブログ作成

サロマ対策を考える(7) [ウルトラマラソン]

今回のテーマは「ペース」です。

ウルトラマラソンのレースペースはフルマラソン以上に個人差が大きいと思います。私のペース案は選択肢のひとつくらいに受け止めてください。ちなみにサロマでのベストタイムは2009年の12時間48分30秒、そのあとは12時間50分台です。完走5回、リタイア5回。フルマラソンのベストは4時間を切っていますが、直近では1月の館山若潮で4時間14分台なので、それくらいの走力なんだぁ、と推測ください(^^;

フルマラソンで4時間前半のタイムだと100kmは11時間台で走れる、という考え方もありますが、そんなに簡単ではないですよね~。

さて、私のペースプランの基準は「70km地点を8時間30分」です。

サロマ湖100kmウルトラマラソンの制限時間は13時間です。私の場合、後半、ペースを維持するのがとても難しいので残り30kmを4時間30分で走る。つまり、「10kmを90分」×3回という考え方です。

70km地点を8時間30分以内に通過できれば完走確実、8時間30分~45分なら完走できるかも、8時間45分を超えてしまうととても厳しい、という感じです。2013年までは70km関門が8時間45分だったので、この時点で収容バスのお迎え待ちです。昨年からは69km関門で8時間59分になってます。(←これはこれでトラブルがありましたが…)

前半はキロ7分で走ることができるので少なくとも50kmで5時間50分で通過するのが目標。10kmで70分なのでペース管理も簡単ですよね。この場合のキロ7分は給水、給食、トイレ休憩も含んだペースです。レース前半はトイレが混んでいるので避けたいところですが、当日の体調や気象条件で変わるので何とも言えませんね。

「70kmを8時間30分」から「50kmを5時間50分」を差し引くと、この間の20kmを2時間40分となります。途中、レストステーションがあり滞在時間10分とすると走っているのは2時間30分。10kmで75分、つまりキロ7分30秒になります。前半遅れがちになったらレストステーションの滞在時間を削ることで対応します。

まとめると…

●50kmまでキロ7分 ⇒ 50kmで5時間50分
●50~70kmをキロ7分30秒 ⇒ 70kmで8時間30分 (レスト10分含む)
●70~100kmをキロ9分 ⇒ 13時間で完走

ここまでが持論となります。持論というか、おそらく自分にだけ当てはまるペース配分プランですね。これを応用してもらうにはなかなか難しいかもしれません。

昨日のサロマンブルー鈴木健司さんのセミナー(完走クリニック)をお聴きして、考え方が変わった、あるいは腑に落ちる部分がありました。「なるほど、そういうことかぁ」と。鈴木さんのペース配分プランはブログで読んだり、ラン×スマ(NHK BS1)で聞いたりして分かっていたつもりでしたが、生でお聴きしてやっとその本質を理解することができました。

この点については次回、お伝えできればと思います。

【参考】


ランナーズアップデート_blog.png



サロマ湖100kmウルトラマラソンまであと45日
星の郷八ヶ岳野辺山高原100kmウルトラマラソンまであと10日

nice!(7)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 7

コメント 2

liang

そうですねー。単にキロ何分プラスアルファの考え方って
参考になりました。
45さんのラップもきれい。参考になります。自信ないけどー(;'∀')
by liang (2017-05-12 08:17) 

Mr45

◆ liang さん 
コメントありがとうございます!
サロマの場合は、ほぼ平坦ですからね。計算が簡単なんです。
野辺山、どーしよー(笑)
by Mr45 (2017-05-12 22:35) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0